忍者ブログ

ひぐらしメモ

京都の小さな建築屋さん「日暮手傳舎」の日々です。
INDEX MENU

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

京都銭湯部とゆく、モザイクタイルの美術館~柳湯~

雨の中のまち歩きでしたが、お越しいただいた皆さん、本当にありがとうございました。
前回の長者湯さんにもお越しいただいたお顔や
また新しい皆さんと一緒にあったかい時間を共有できて
幸せな一日でした。

柳湯さん、一番風呂のために準備していただき、
貴重なお話も聞かせていただいて、どうもありがとうございました!


PB199829.jpg

ほのぼの。

口下手なガイドで、どうもすみませんでした。
最後のまとめのところで、肝心な、お伝えしたかった事を言い忘れてしまいました。

今回巡った昭和初期のタイルたちは、皆
皆が集まる、社交場(サロン)的役割の場所に使われていました。
喫茶店、小学校、歌舞練場、食堂、美容室、銭湯・・・

タイルが貼られているところには人々が集い、愛される。
そんな願いを込めて今後もタイルを使い続けていきたいなぁ
と思っている次第です。
PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

× CLOSE

03 2019/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

最新コメント

[05/19 backlink service]
[06/02 シロヤギ]
[03/11 K]
[02/26 yama]
[08/18 よしやまち子]

ブログ内検索

× CLOSE

Copyright © ひぐらしメモ : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]